お部屋の設備FAQ

修理してくれない際の対処!?

大家さんが修理してくれない際の対処法

スム君
スム君
賃貸住宅に住んでいる場合、備え付けの設備が故障した場合には、大家さんとの間に起きるトラブルのひとつに「大家さんが壊れた設備を修理してくれない」というケースが多くあります。
カソッカちゃん
カソッカちゃん
そういった場合、入居者はどのような対処をすれば良いのか。今回は法律などを踏まえて、具体的な対応方法を紹介します

大家さんは法律によって賃貸物件を修理する義務を負っている

カソッカちゃん
カソッカちゃん
民法第606条(賃貸物の修繕等)
賃貸人は、賃貸物の使用及び収益に必要な修繕をする義務を負う
民法606条では、基本的には賃貸の設備等が壊れた場合は、大家さんはその修繕を行う義務があるとされている。もし「修理してくれない」という場合、大家さんは民法上の義務を怠っていることになります。
カソッカちゃん
カソッカちゃん
では、大家さんはどの程度の範囲で修繕義務を負うのか。上記の民法606条によれば「賃貸物の使用及び収益に必要な修繕」ということになる。簡単に言えば「修繕しなければ本来通りの使用ができないレベルで破損している場合、大家さんは使用するのに必要なだけの修繕をしなくてはいけない」ということです。
カソッカちゃん
カソッカちゃん
例えば、雨漏りをしていて部屋の一角が使えないケースや、備え付けのエアコンが故障して使えないケースなどは大家さんに修繕義務が発生する。
カソッカちゃん
カソッカちゃん
但し、大家さんに修理する義務がないケースもあります。
カソッカちゃん
カソッカちゃん
例えば「壁紙が経年劣化で変色してしまった」などのケース。部屋が使用できないレベルの問題ではないため、大家さんに修繕義務があるとはいえません。
カソッカちゃん
カソッカちゃん
また、契約時の設備ではないケース「持ち込んだエアコン」や「持ち込んだガス台」などは入居者が交換しなければなりません。
カソッカちゃん
カソッカちゃん
一番わかりづらいのが、入居時から設備としてあったのだが「残置物の為貸主に修繕の義務がない」などの特約があるケースです。
カソッカちゃん
カソッカちゃん
大家さんが修理してくれない場合は家賃が減額される!?
2020年4月1日の民法改正では、家賃の減額金額が数例明確になりました。住むサポではもっと細かく減額金額の事例を増やしていきます。
カソッカちゃん
カソッカちゃん
減額される金額は、相談をうけてからトラブル発生時とトラブル解決時を計算して入居者様に大家提出用請求書を発行致します。
カソッカちゃん
カソッカちゃん
大家さんが修理してくれない場合は入居者が修理してもよい!?
こちらも、2020年4月1日の民法改正で設備の修理を依頼しても応じてくれない場合は入居者自身が設備の修理手配をすることができる事になりました。修繕して大家に請求する事ができます。
カソッカちゃん
カソッカちゃん
民法第607条の2(賃借人による修繕)
賃借物の修繕が必要である場合において、次に掲げるときは、賃借人は、その修繕をすることができる。
一 賃借人が賃貸人に修繕が必要である旨を通知し、又は賃貸人がその旨を知ったにもかかわらず、賃貸人が相当の期間内に必要な修繕をしないとき。
二 急迫の事情があるとき。
民法第606条(賃借人による費用の償還請求)
賃借人は、賃借物について賃貸人の負担に属する必要費を支出したときは、賃貸人に対し、直ちにその償還を請求することができる。
スム君
スム君
明確にわからない事は、住むサポまでご相談ください!
カソッカちゃん
カソッカちゃん
契約書類の保管があれば写真を見て即答致します。

まだ住むサポをダウンロードしてない方は!


住むサポは『ラクして節約。しかもおトク。』「賃貸トラブル0」入居者と不動産会社を繋ぐ宅建士が対応する賃貸生活のコンシェルジュアプリです。
契約書類保管と入居時写真保管サービスで賃貸生活のトラブルを解決します。電気やガス・インターネットの代行サービスで​住むサポポイントがもらえます。

ダウンロードしてない方はこちら
⇓ ⇓ ⇓
⇓ ⇓ ⇓