家賃減額

賃貸物の一部滅失等の場合の賃料の減額

賃貸物の一部滅失等の場合の賃料の減額

設備等に不具合があり、予定どおりの使用ができなかった場合、その程度に応じて家賃減額になるというものです。

2020年4月改正前の民法では「賃料減額請求権の発生」ですが、改正後は「当然に家賃減額」となります。

まだ住むサポをダウンロードしてない方は!


住むサポは『ラクして節約。しかもおトク。』「賃貸トラブル0」入居者と不動産会社を繋ぐ宅建士が対応する賃貸生活のコンシェルジュアプリです。
契約書類保管と入居時写真保管サービスで賃貸生活のトラブルを解決します。電気やガス・インターネットの代行サービスで​住むサポポイントがもらえます。

ダウンロードしてない方はこちら
⇓ ⇓ ⇓
⇓ ⇓ ⇓